会社設立のメリットとデメリット|自分でできる会社設立|トラスティルグループ

自分でできる会社設立

自分でできる会社設立TOP会社設立のメリットとデメリット

会社設立のメリットとデメリット

会社という形態で事業を行う様々なメリット・デメリットを下の表にまとめました。

メリット デメリット
・個人事業よりも信用性が高まる
・税制上有利である場合が多い
・経費の認められる範囲が広い
・会社には相続税が発生しない
・倒産時、社長は借金を負わない
・設立するための費用がかかる
・運営上の手続きが煩雑
・利益0でも法人住民税が発生

会社設立のメリット

まず、メリットですが、やはり個人と会社ではビジネス上の信用力が違います。取引条件として会社であることが要求されたり、 あるいは行政の許認可が必要なビジネスを行う場合、会社であることが許認可の前提条件である場合もあります。
また、一定の制限はありますが、個人よりも経費として認められる範囲が広がりますし、社長個人とは別人格の会社から給料をもらう形に なることなどで、節税の効果も発生します。(※1)
そして会社(※2)の場合、経営者は出資した範囲のみで責任を負えばいい(有限責任といいます)ことになっていますので、 事業が失敗しても社長さん本人は、最悪出資金が返ってこないのみで、借金を背負わずに済みます。(※3)

※1 税についての記述は、あくまでも一般論です。税は専門性・個別性が極めて強いため、具体的な事項については税理士にご確認ください。
※2 合名会社と合資会社には当てはまりませんが、今後当サイトではこの2つは無視します。
※3 日本の場合、会社が銀行からお金を借りる際に、社長の個人保証を付けることを求められる ケースが多いため、実際には社長個人も負債を負う場合がほとんどです。

会社設立のデメリット

次にデメリットですが、まず設立に費用がかかります。詳細は次のページで説明しますが、株式会社の場合は20万円、 合同会社なら6万円が必要になります。
また、国や自治体に対する様々な手続き(税金や登記など)が継続的に発生するため、事務手続のために多大な時間と費用を要することになります。
また、会社は年間の利益がゼロあるいはマイナスであった場合でも法人住民税を支払わなければならないのですが、その額が年間7万円です。 個人事業であれば支払わなくていい費用という意味では、これもデメリットといえるかもしれません。

お問い合わせについて

本サイトでは、皆さまのご意見・ご要望をお待ちしております。ただし、本サイトの内容やどんな会社を設立したらよいかといったお問い合わせには、対応することができません。
弊社では会社設立サービスをご用意しておりますので、こちらをご覧下さい。

「自分でできる会社設立」についてのご意見・ご要望は、こちらのお問い合わせフォームからご連絡下さい!トラスティルグループの会社設立サービスについては、こちらをご覧下さい!