STEP6 定款を作成する|自分でできる会社設立|トラスティルグループ

自分でできる会社設立

STEP6 定款を作成する

さあ、認証についてご理解いただいたところで、いよいよ実際に定款を作成していただきます。チェックシートの(ネ)でマルをしていただいている会社のタイプごとに、自分で認証される場合と行政書士に依頼される場合の2つのパターンのひな型をWord形式のファイルでご用意しています。ご自分にあったものをダウンロードして、書き方のページを参考に記入していって下さい。

会社のタイプ 自分で電子認証 行政書士に依頼 書き方ガイド
(1)【A】
(株主1名・取締役1名)
書き方はこちら
(2)【A】
(株主複数・取締役1名)
書き方はこちら
(1)【B】
(株主1名・取締役複数)
書き方はこちら
(2)【B】
(株主複数・取締役複数)
書き方はこちら
(1)【C】
(株主1名・取締役会設置)
書き方はこちら
(2)【C】
(株主1複数・取締役会設置)
書き方はこちら

※行政書士に依頼するパターンのひな型は、「行政書士 小倉純一」に依頼するように作らせていただいておりますが、他の行政書士に依頼する場合であっても行政書士の「氏名」を変えるだけで問題なくお使いいただけます。


お問い合わせについて

本サイトでは、皆さまのご意見・ご要望をお待ちしております。ただし、本サイトの内容やどんな会社を設立したらよいかといったお問い合わせには、対応することができません。
弊社では会社設立サービスをご用意しておりますので、こちらをご覧下さい。

「自分でできる会社設立」についてのご意見・ご要望は、こちらのお問い合わせフォームからご連絡下さい!トラスティルグループの会社設立サービスについては、こちらをご覧下さい!