STEP5‐① 認証を受ける公証役場をさがす|自分でできる会社設立|トラスティルグループ

自分でできる会社設立

自分でできる会社設立TOP株式会社設立ナビゲーションSTEP5‐① 認証を受ける公証役場をさがす

STEP5‐① 認証を受ける公証役場をさがす

そもそも公証役場とは?

公証役場というのは一般の皆さんにとってはなじみが薄い場所かもしれません。公証人が執務する場所が公証役場です・・って公証人が何だか分からないから何の説明にもなってませんね。それでは公証人について少し解説します。

公証人とは、原則30年以上の実務経験を有する法律実務家の中から、法務大臣が任命する公務員です。その多くは、司法試験に合格した法曹資格者で、中でも裁判官・検察官出身者が多いと言われています。

公証人の仕事は、大きく分けて(1) 公正証書の作成、(2) 私署証書や会社等の定款に対する認証の付与、(3) 私署証書に対する確定日付の付与の3種類があります。分かりやすくするためすごくアバウトな言い方をすると、一般人が作成した文書にお墨付きを与えて特別な効力を持つようにする仕事と言えます。

皆さんは、公証役場で公証人にご自分が作成した定款を認証してもらい、それにより定款の効力が発生するわけです。


どこの公証役場へ行くか

さて、公証役場がどんなところかは分かりましたが、一体どこにあるのでしょうか?はい、全国にある公証役場の一覧をお見せします。一覧はこちらです。

さて、定款の認証を受ける公証役場は、どこでもいいわけではありません。本店所在地と同じ都府県内の公証役場でなければならないのです(北海道は例外ですので下記※1を参照下さい)。一覧の中からご自分の会社のある都府県にある公証役場を探してみましょう。

さらに!電子認証を受けることができるのは、一覧の中で★または☆の星のマークがついた公証役場のみという制限があります。ここに発起人が出向いて電子認証をしてもらうのです。

近くに星マークの公証役場がない!という方もあきらめるのはまだ早いです。

次のページでは自分で公証役場に行かなくて済む方法をご紹介していますので、ぜひご覧下さい。

※1 北海道を本店とする会社を設立される方は、本店所在地を管轄する法務局の管轄地域内の公証役場に行く必要があります。道内には他の都府県と異なり4つ(札幌法務局、函館・旭川・釧路の各地方法務局)の法務局・地方法務局があるために、注意が必要です。本店所在地がどの法務局の管轄になるのかは、こちらで調べられます。


お問い合わせについて

本サイトでは、皆さまのご意見・ご要望をお待ちしております。ただし、本サイトの内容やどんな会社を設立したらよいかといったお問い合わせには、対応することができません。
弊社では会社設立サービスをご用意しておりますので、こちらをご覧下さい。

「自分でできる会社設立」についてのご意見・ご要望は、こちらのお問い合わせフォームからご連絡下さい!トラスティルグループの会社設立サービスについては、こちらをご覧下さい!