STEP1‐① 譲渡制限の有無を決める|自分でできる会社設立|トラスティルグループ

自分でできる会社設立

自分でできる会社設立TOP株式会社設立ナビゲーションSTEP1‐① 譲渡制限の有無を決める

STEP1‐① 譲渡制限の有無を決める

まずは、チェックシートの一番上、(イ) の株式譲渡制限の項目からです。

(イ) 株式譲渡制限

突然ですが、世の中には株式を自由に売買できる会社と、売買に会社の許可が必要な会社とがあるのをご存知でしょうか?法律的には株式の譲渡制限の有無、という言い方をします。もちろん証券取引所に上場されている会社の株式には譲渡制限はついていないので自由に売買することができます。

でも逆の言い方をすると上場していない会社の超圧倒的大多数は譲渡制限をつけています。譲渡制限があると、社長から見て都合の悪い自社株の売買を阻止することができますので、見知らぬ人に株が渡ることも無く、安心して経営を行うことができます。

それに会社法は、「譲渡制限のある会社=規制はゆるく」というようになっていますので、これから会社を作る皆さんにとっては、そういった面からも譲渡制限会社を強く強くおすすめします。株式公開を目指している方も、譲渡制限をはずすのは、公開が間近に迫ったときで十分です。

この先のナビゲーションは株式の譲渡制限を設けた会社を設立される予定の方のみを対象とさせていただきます。99.9%以上の方をご案内できると確信しておりますが、なにとぞご了解のほどをお願いいたします。

さて、ここではチェックシートの(イ)株式譲渡制限の欄の「あり」に、どなた様も マルをつけて下さい。


お問い合わせについて

本サイトでは、皆さまのご意見・ご要望をお待ちしております。ただし、本サイトの内容やどんな会社を設立したらよいかといったお問い合わせには、対応することができません。
弊社では会社設立サービスをご用意しておりますので、こちらをご覧下さい。

「自分でできる会社設立」についてのご意見・ご要望は、こちらのお問い合わせフォームからご連絡下さい!トラスティルグループの会社設立サービスについては、こちらをご覧下さい!