STEP1‐⑤ 資本金の額を決め、社員を決定する|自分でできる会社設立|トラスティルグループ

自分でできる会社設立

自分でできる会社設立TOP合同会社設立ナビゲーションSTEP1‐⑤ 資本金の額を決め、社員を決定する

STEP1‐⑤ 資本金の額を決め、社員を決定する

次に、チェックシートの(ホ)資本金総額と(へ)社員の項目です。ここでは、会社に「全部でいくら」、「誰がいくらずつ」お金を出すのかを決めます。

(ホ)資本金総額

まず「全部でいくら」です。これを資本金総額といいますが、法律上はいくらでもかまいません。1円でも100億円でも構わないのですが、極端に少ないとビジネスをしていく上で、周囲の信頼を得られないと思われますので、「資本金1円」はあまりおすすめできません。

また、許認可の種類によっては、資本金いくら以上の会社でないとダメ、と決まっているものがあります。許認可が必要なビジネスをなさる方はこの点にも十分注意して資本金を決めて下さい。

(ヘ)社員

全体の額が決まったら、次に、「誰がいくらずつ」お金を出すか決めて下さい。お金を出す人が複数いる場合には、それぞれが出す金額を決めて、それが出資額全体の中でどういう割合になるのかを確認して下さい。

終わったらチェックシートの(へ)社員に、お金を出す人の氏名と住所と金額を記入して下さい。便宜上、欄は5人分用意していますが、別に何人でも構いません。この場合の「社員」とは、「合同会社に出資する人」という意味であり、「従業員」という意味ではありませんので、注意して下さい。

なお、出資は現金に限らず、自動車を1台といった出資も可能です(現物出資といいます)。ただし手続きが面倒になるのと、実際に現物出資をされる方は大変に少ないため、ここでは説明を省略させていただきます。


お問い合わせについて

本サイトでは、皆さまのご意見・ご要望をお待ちしております。ただし、本サイトの内容やどんな会社を設立したらよいかといったお問い合わせには、対応することができません。
弊社では会社設立サービスをご用意しておりますので、こちらをご覧下さい。

「自分でできる会社設立」についてのご意見・ご要望は、こちらのお問い合わせフォームからご連絡下さい!トラスティルグループの会社設立サービスについては、こちらをご覧下さい!